サービス業の中国語フレーズ(中国文化・習慣)

ハイ・パートナーズ > サービス業の中国語フレーズ(中国人観光客編) > 中国文化・習慣「中国の色の嗜好」

忍者体験&大阪観光 忍者船 Ninja Cruise

和文化体験屋敷 忍者堂 Ninja-Do

 


百貨店やショッピングセンター・ホテルなど実績多数。中国語ホームページもハイ・パートナーズが承ります。
詳しくはこちらをご覧ください。

基礎知識

中国語ってどんな言語?一般に言われている中国語とは?

四声と拼音(ピンイン、pīnyīn)

中国語には日本語にない「四声(しせい)」という発音(抑揚)があります。また、中国語発音表記のためにアルファベトを用いた「拼音(ピンイン、pīnyīn)」があります。共に中国語を学習するためには必須です。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

※本コンテンツに対するご質問、語学のご質問などは受け付けておりません。ご了承ください。


ライブラリー

中国の色の嗜好

 

 中国では「赤」を「紅」と書きます。最も人気のある色で、祝い事では必ず使われる色です。これに金色と黄色を合わせて使えば最高に縁起の良い色使いとなります。中国式の結婚式では、花嫁は頭から足の先まで赤で整えます。お年玉やご祝儀は、赤い封筒に入れるので「紅包(ホンバオ)」と呼びます。これとは逆に「白」は葬式を連想させ、単色使いはめったにしません。また、真白な紙に黒い墨で文字を書く事は、訃報や良くない知らせを通告する時に使いますので、嫌われます。空港でのネームカードや、お祝のメッセージカードなど、白地の紙に書く場合は青や紺など黒を避け、色紙や模様の入った紙を使う等の工夫が必要です。

 しかし、これらの習慣も時代とともに変化しており、西洋式の結婚式では純白のドレスを着ますし、クールさを出すためにわざと黒白のポスターを作ったりします。ただ、流行のブティックを覗くと「赤」の人気は不滅のようで、必ずカラーバリエーションに入っています。

2009年3月記。情報が古くなっている場合があります。予めご了承ください。

中国語フレーズリスト

▲ このページのトップへ