サービス業の中国語フレーズ(中国文化・習慣)

ハイ・パートナーズ > サービス業の中国語フレーズ(中国人観光客編) > 中国文化・習慣「時間感覚」

忍者体験&大阪観光 忍者船 Ninja Cruise

和文化体験屋敷 忍者堂 Ninja-Do

 


百貨店やショッピングセンター・ホテルなど実績多数。中国語ホームページもハイ・パートナーズが承ります。
詳しくはこちらをご覧ください。

基礎知識

中国語ってどんな言語?一般に言われている中国語とは?

四声と拼音(ピンイン、pīnyīn)

中国語には日本語にない「四声(しせい)」という発音(抑揚)があります。また、中国語発音表記のためにアルファベトを用いた「拼音(ピンイン、pīnyīn)」があります。共に中国語を学習するためには必須です。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

※本コンテンツに対するご質問、語学のご質問などは受け付けておりません。ご了承ください。


ライブラリー

時間感覚

 

 日本人にも良く知られている「你好(ニィハオ)」は、「こんにちは」と訳すので昼間しか使えないと思う人も多いようですが、実は1年365日24時間使えます。その上、「初めまして、よろしく」の代わりにさえ使うのです。つまり、外国人の場合「你好」一言で大体の場合は挨拶として成立するのです。

 中国人と大きくずれるのが、距離と時間。中国人の「ちょっと」と日本人のそれとは大きく異なり、以前、「ここを出てから、ちょっと歩いたら郵便局がある」と言われ、その郵便局を目指したら20分強歩くことに! また、友人から少し遅れるという連絡があり待っていたら、1時間後にニコニコと現れたことも…。
 そのわりには終業時間が5時半だというと、きっちり5時半にはさっさと帰り支度を始めて私を食事に誘うのですから、きっちりしているのかルーズなのか解らない。

 要は基準がすべて”自分”なのです。中国人と待ち合わせの時は、気長に待つか、まめに催促してください。

2008年9月記。情報が古くなっている場合があります。予めご了承ください。

中国語フレーズリスト

▲ このページのトップへ