サービス業の中国語フレーズ(中国文化・習慣)

ハイ・パートナーズ > サービス業の中国語フレーズ(中国人観光客編) > 中国文化・習慣「贈り物2(タブー)」

忍者体験&大阪観光 忍者船 Ninja Cruise

和文化体験屋敷 忍者堂 Ninja-Do

 


百貨店やショッピングセンター・ホテルなど実績多数。中国語ホームページもハイ・パートナーズが承ります。
詳しくはこちらをご覧ください。

基礎知識

中国語ってどんな言語?一般に言われている中国語とは?

四声と拼音(ピンイン、pīnyīn)

中国語には日本語にない「四声(しせい)」という発音(抑揚)があります。また、中国語発音表記のためにアルファベトを用いた「拼音(ピンイン、pīnyīn)」があります。共に中国語を学習するためには必須です。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

※本コンテンツに対するご質問、語学のご質問などは受け付けておりません。ご了承ください。


ライブラリー

贈り物2(タブー)

 

 日本でも櫛は「苦」「死」を連想するので贈りものとしては縁起が悪いとされるように、中国でも避けるべき贈り物があります。その代表的なのが『時計』です。中国語で「時計をプレゼントする」は「送song鐘zhong」となり、この発音が「送終(臨終を看取る)」と同じ発音になってしまい縁起が悪いのです。他には「梨li」は「離(はなれる)」と、「傘san」は「散(ばらばらになる)」と同じ音なので嫌われます。

 発音以外でも、「手巾(手ぬぐい)」は涙を連想しますし、白・黒・青のラッピングも嫌われますし、黄色はビジネスの相手には避けるべき色です。また、緑の帽子が「妻を寝取られた男」という軽蔑を表わすこと等から、緑の服飾品は、男性に絶対に送ってはいけません。(女性にも避けた方が無難です) ここでは代表的なものをあげてありますが、地域によっても差があるので、贈る相手の地域での習慣をよく調べる必要があるでしょう。

2008年10月記。情報が古くなっている場合があります。予めご了承ください。

中国語フレーズリスト

▲ このページのトップへ