サービス業の韓国語フレーズ(韓国文化・習慣)

ハイ・パートナーズ > サービス業の韓国語フレーズ(韓国人観光客編) > 韓国文化・習慣「韓国の土用の丑」

忍者体験&大阪観光 忍者船 Ninja Cruise

和文化体験屋敷 忍者堂 Ninja-Do

 


韓国の土用の丑

 

 日本にはスタミナ源として栄養価の高い鰻を食べて体調を崩しやすい季節の変わり目を元気に乗り切るといった土用の丑の日がありますが、韓国にも似た様な風習があります。「チョボク(초복)」といわれる一年で暑さが始まる日と、「マルボク(말복)」といわれる暑さが終わる日と、チョボクとマルボクの中間の日で「チュンボク(중복)」といわれる三日間を「ポンナル(복날)」と呼びます。

 このポンナルには若鶏の内臓を取り出し、中に朝鮮人参やナツメ、もち米等を詰め込んで煮込んだサムゲタンを食べます。サムゲタンは滋養強壮に効果があるといわれているスタミナ料理です。ポンナルの三日間はサムゲタンの専門店には長蛇の列が出来、普段は行列に並んでまで食べない韓国の人もこの日ばかりは並んででもサムゲタンを食べます。スタミナをつけるだけでなく、暑い日に熱いサムゲタンを食べて、暑さは熱さで乗り切るという韓国の考え方は日本と違いおもしろいですね。

2009年6月記。情報が古くなっている場合があります。予めご了承ください。

韓国語フレーズリスト

▲ このページのトップへ